ワキガの原因と脱毛によってワキガを改善できる仕組みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキガの原因について

ワキガが気になる女性
ワキガになる原因は、アポクリン腺から分泌される汗が多くなることで脇毛に異臭を放つ成分がつきやすくなることが原因となります。

なぜなら、脇毛はアポクリン腺と一体化している毛なので、アポクリン腺から出る汗が多くなるにつれて脇毛に雑菌が繁殖しやすくなるからです。

また、ワキガの臭いは汗臭さとは違う臭いを放ちます。

一般の汗を出すエクリン汗腺は水分を多く含みますが、ワキガの原因に繋がるアポクリン腺の汗は水分の他にも脂質や糖質を含みます。

よって、アポクリン腺の汗が脇毛について酸化されることにより、ワキガは特徴的な臭いを放つようになります。

なので、ワキガの臭いを抑えるには脇毛を短くすることと、アポクリン腺から出る汗の量を減らすことが重要となります。

けれども、自己処理による脱毛ではアポクリン腺から出る汗の量を減らすことが難しいです。

なぜなら、自己処理では脇毛の深い毛根を破壊することができないので、脇毛がそのまま生えてくるからです。

よって、脱毛によってワキガを改善するならば、サロンやクリニックを利用するのがポイントとなります。

脱毛サロンで受けれる光脱毛

サロンで受けれる光脱毛は、光を肌に照射して光がメラニンに反応する仕組みとなります。

そのため、光が毛根の黒い部分に反応するので、反応した部分の毛根が死滅していきます。

毛根が死滅することで、脇毛が生えにくくなるのでアポクリン腺から出る汗を少なくすることも可能となります。

アポクリン腺は、脇毛と一体化している影響により脇毛が生えにくくなると、アポクリン腺は刺激を受けにくくなるためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*