産後の脱毛施設での脱毛による注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
脱毛施設となるサロンやクリニックでは、ホルモンバランスの変化により産後の女性客の利用を断ることが多いです。

なぜなら、妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンが増しますが、産後は胎児の体に女性ホルモンが行き渡って減るからです。

そして、産後は母乳生産のためのホルモンとなるプロラクチンが増えるので、妊娠中と産後においてホルモンバランスが乱れる形となります。

さらに、産後は女性ホルモンの数が少なくなるので、必然的に男性ホルモンの方が割合が多くなります。

その影響により、産後は肌のトラブルが起こりやすくなる上に、肌が痛みや痒みを伴いやすくなります。

ちなみに、プロラクチンは男性ホルモンのように毛が濃くなるので、産後から日が浅いと脱毛施設に通っても効果が薄いです。

なので、産後に脱毛施設に通って脱毛を受ける場合は、ホルモンバランスが落ち着く時期となる産後から半年まで待つのが確実となります。

庭用脱毛器を使用して自宅で脱毛する場合

他にも、産後に脱毛施設に通う時間がなくても、家庭用脱毛器があれば自宅で脱毛を施すことが可能となります。

けれども、家庭用脱毛器もホルモンバランスの影響を受けるので、ホルモンバランスが落ち着くまで使用しても脱毛効果が薄いです。

それでも、家庭用脱毛器は脱毛施設と違って赤ちゃんの面倒を見る時間と両立しやすいです。

なぜなら、家庭用脱毛器は脱毛施設のように施設に直接通う必要がないからです。

とはいえ、産後の脱毛施設での脱毛において注意点として、産後から半年経たないと脱毛効果を得にくいだけでなく、肌が照射されることで火傷になりやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*