ワキ脱毛に興味がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ脱毛に興味があるけど、どのサロンを選べばいいの?

夏に入ると、露出の多い服をどうしても着ることになります。

そんな際、気をつけなければならないのがワキに生えているムダ毛……。

特にノースリーブを着る場合は要注意です。
うまく処理していないと、他人にはっきり見られた時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

とはいっても処理というのはかなり面倒。おまけに自己処理というのは肌トラブルに繋がりがちです。黒ずみ、埋もれ毛などがあると、かえってワキの見栄えも悪くなることに。

あまりに大変なので、

「自己処理なんてやめてサロンで脱毛したい!」

と考えてしまう女性も多いでしょう。でも脱毛初心者にとって、サロンへ通うというのはハードルが高いものです。

「何回くらい通わないといけないの?」
「完了するまで施術する回数は?」
「痛みがあるとしたら、どれくらいひどい?」
「最終的に料金はどれくらい必要なの?」

これらの疑問がネックとなり、結局はサロンへ行かずにムダ毛に悩み続ける、という女性も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の料金、その効果、そしてサロンの選び方などについて詳しく紹介し、そんな女性のお悩みを解決してみることにしました。

このページの情報が、ワキ毛の自己処理で悩んでいる人の助けになれば幸いです。

そもそも「脱毛」とはどういうもの?

ワキ脱毛の情報を紹介する前に、まず、「そもそも脱毛とはどういうものか?」ということを述べておきます。

誤解している人が多いのですが、サロンや医療クリニックでの脱毛の施術は、毛を抜くという単純なものではありません。

考えてみれば分かるように、単に毛を抜くだけなら、万単位の料金を払ってわざわざサロンに通う必要などないのです。

では、プロによる脱毛というのは、どういうものなのでしょうか?

実はサロンや医療クリニックでの脱毛において施術の目標となるのは、ムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、皮膚の奥に隠れている毛根部分。

サロンやクリニックでは現在、IPLやレーザーといった特殊な光をムダ毛の生えた肌に照射することで、その奥にある毛根にアプローチする方法をとっています。

このIPLやレーザー光は、メラニン色素にだけ反応する特質を備えています。毛根部分に達すると熱エネルギーへと変化し、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を促す組織に大きなダメージを与えます。このことで発毛機能が損なわれ、ムダ毛が生えなくなるわけです。

この方法の発見は脱毛の歴史に革命を起こしました。おかげで脱毛は身近なものとなり、施術を受ける人が急増。今ではVIOなどの特殊な部位を脱毛する人も多くなっています。

部位の中でもワキは最もポピュラーなところ。ほとんどの脱毛初心者が最初に施術してもらうのはワキだと言われています。
やはり、夏場に露出の機会が増えますし、「処理をするならまずワキから」と決めている女性が多いのでしょう。

また、ワキは汗腺が集まっている部位でもあります。汗で濡れてしまうことが多いために汚れが蓄積しやすく、黒ずみ、ブツブツはもちろん、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)といった厄介な病気、症状も起こりやすくなっています。

肌のコンディションを保つためにも、できるだけワキ毛の自己処理は止め、早く脱毛の施術を受けるべきです。

気になる施術回数・料金・痛みについて

以上でワキ脱毛のメリットがお分かりになったでしょうか?

「すぐにサロンと契約して施術を受けたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ実際にサロンに通うとなると、以下の3つの点が心配だと思います——

・施術は完了するまで何回受ける必要があるのか?
・料金は一体いくらかかる?
・施術時に痛みを感じるのか? 感じるとしたらどれくらい?

ではこれらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

まず、施術回数について。

実は脱毛というのは根気のいる作業で、完了までに意外なほど日数がかかります。

特にワキは太い毛が密集して生えているために厄介な部位。おまけに毛根が他の部位に比べて深いため、顔や脚よりも施術回数が増えてしまいます。

個人の体質による差はあるのですが、平均すれば、完了まで12回から18回、というところでしょう。

続いて料金です。

これはサロンによってかなり差があるようです。
ただ、ワキ脱毛に関しては初心者向けのプランが多く、全体的にリーズナブルなのが特徴。

その中でもオススメしたいサロンがあって、それはミュゼというチェーン店。

というのも、最も人気を博している「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」なら、わずか100円で施術が可能だからです。

他のサロンでは、これだけ安い料金で脱毛してくれるところはありません。なるべく安上がりに脱毛してみたい人にはピッタリといえるサロンです。

最後に、施術中痛みがあるのかどうか。

上でも説明したのですが、サロンではIPLという特別な光で施術を行います。

このIPLは肌に当てると毛根部位に含有されるメラニン色素に反応。熱エネルギーとなって毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えるのですが、その熱の影響で周辺の皮膚も軽い火傷状態となり、どうしても痛みを感じることになります。

もちろん、軽いものなので耐えられないわけではないのですが、光が照射されるたびに不快な気持ちがするのは確かです。

そこで、そのIPL方式の欠点を解決するため、近年になってSSCという方式が開発されました。

これまでIPLではキセノンランプを使っていたのですが、SSC方式ではクリプトンライトというものを用います。
キセノンランプが単独で脱毛効果があるのに対し、クリプトンライトはそれだけでは毛根に影響を与えません。

ではどうやって脱毛効果をあげるのかというと、ムダ毛に専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを当てることで毛根部分が弱体化し、発毛を止めることができるのです。

この方式の最大のメリットは、光のパワーは弱くても問題ない、というところ。ジェルと組み合わせることで脱毛するので、ライトを強烈にする必要はありません。これで肌が火傷することもなく、痛みがずっと軽くなります。

実は、上述したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を採用しています。

「痛みがひどいと聞いているので脱毛なんてやりたくない」という女性もいるそうですが、ミュゼなら痛みなしで施術してもらえます。

ワキ脱毛で失敗しないために

「”料金が格安”、”痛みが少ない”という点でミュゼがオススメ」と書きましたが、近所にその店舗がない、という人もいるでしょう。そんな場合、他のサロンを探す必要があります。

ただ、現在はちょっとした脱毛ブーム。毎月のように新規サロンが参入しています。店が乱立気味のため、初心者はどこがいいのか分かりづらいでしょう。

また、各サロンのプランについても条件が入り組んでいて、どれを選べばお得なのか判断がつきにくくなっています。

そこでサロンと契約する時、注意を払うべきポイントを3つあげてみます。

施術可能回数があまりに少ないプランはダメ

まだまだ脱毛について知識が乏しい人が多く、たとえば1、2回だけの施術でもその部位の毛はずっと生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんこれは正しくありません。
施術を1、2度受けた程度では、ムダ毛をキレイに処理することなど不可能です。
施術して10日から1ヶ月くらいでその部位は確かに毛が抜けてツルツルになりますが、しばらくすると毛が復活してしまいます。

ムダ毛が完全に生えないようにするには、IPLやレーザーといった光を数ヶ月から数年、定期的に照射していく必要があります。

しかも太い毛が密集しているワキのような部位では、施術の回数が12回〜18回に及ぶのが普通です。

ですから、施術回数が10回以下のプランをうっかり選んでしまうと、結局完璧な脱毛ができず、追加施術をおこなう羽目になります。

そうなると出費も馬鹿になりませんので、回数の少ないプランはできるだけ避け、何度でも施術可能なコースを選ぶようにして下さい。

契約前に返金制度や施術期限をチェックする

サロンと契約を結ぶと、最低でも3年、施術のために通い続けることになります。

しかし通っているうちに、店の接客態度や脱毛効果に関して不満を覚えてくる場合もあります。そうなると施術を打ち切りたくなるでしょう。

もちろん中途解約を申し出ると、サロンの方では渋い顔をします。まだまだ施術回数は残っているのに、返金はほんの少し、というところが多いようです。

不快な気持ちにならないためにも、「中途解約するかも……」という人は、契約の詳細を確認しておきましょう。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設けているところがあります。
そのことを知らないと「全額払ったのに日数が経ったせいで施術ができない」という泣くに泣けない羽目に陥りますので、契約前にしっかり調べておかないといけません。

以上の2点については、契約時にスタッフに確認するのが肝心です。

施術後のケアをしっかりやってくれるか?

ワキは他人が視線を向けることの多い部位。ムダ毛処理だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルも治しておきたいものです。

そのために不可欠なのは、しっかりと肌の潤いを保つこと。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスに努めているところもあります。

こうした店なら美肌ケアも期待できるので、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックの違いってどんなところ?

ワキは、脱毛サロンと医療クリニックの両方で脱毛が可能です。その施術にはどんな差があるのでしょう?

実は脱毛の原理に関しては変わりません。施術では、黒いメラニン色素に反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に照射します。
そして、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を促す組織に損傷を与えるのです。

ではどこで違いが出てくるのかと言うと、その照射パワー。

レーザー光の威力は、サロンのIPLの何倍にも及ぶ凄まじいものです。
毛根組織は高熱によって完全に破壊されるため、いわゆる「永久脱毛」も可能となります。

また、IPLでは脱毛完了まで10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛では数回で終わってしまいます。

もし「短期間で施術を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を選びましょう。

ワキ脱毛が安い理由

ワキ脱毛は他の部位より料金がリーズナブル。
ワキを最初の脱毛部位にする女性が多いのは、そのせいもあります。

では、ワキ脱毛はなぜ安いのでしょう?

まず考えられるのは「ワキの面積が元々狭い」ということ。

実は、サロンの料金というのは面積に応じて決められることが多いのです。
つまり、その点でワキは安価な部位というわけです。

次に考えられるのは、店側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を行うことが多いため、「その料金を抑えることで、脱毛へのハードルがさらに低くなる」とサロンが考えているのです。

ワキは料金が手軽な上に、店の脱毛技術もすぐ分かる部位。
その点でも、最初の施術部位はワキにしておく方がいいでしょう。

脱毛完了後、効果に不満な場合は?

長期の施術を続け、ワキ脱毛が完了。でも、その効果に不満が——。

そんな時、同じサロンで施術を追加できますが、その費用は決して安くありません。

それがイヤなら他店に乗り換えるのもいいでしょう。
ただ、カウンセリングを繰り返す必要があるので、時間がずいぶんムダになります。

以上のような事態を避けるためには、施術期間と回数に余裕を設けておくこと。
なるべくなら施術回数が無制限のサロンを選ぶべきです。

「脱毛するとワキ汗が増える」という噂は本当?

最後に脱毛完了後の”ある噂”について、紹介しておきましょう。

実はネットで「ワキ脱毛」を検索すると「脱毛のせいで、ワキ汗の量が増えた」という口コミが投稿されています。

これは本当なのでしょうか?

最初に答えを言いましょう。こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗が増えた」と思っている人は実際いるようです。

真相を調べてみると——

「これまでワキ毛で止められていた汗が脱毛後に肌を流れるようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり肌の感覚の問題で、脱毛で汗の量が増えるわけではありません。

時間が経つとその感覚にも慣れてしまい、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛に関する情報やサロンの選び方について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらを参考にしながら、自分のお気に入りのサロンを見つけて下さい。

ムダ毛が処理されることで他人の目も気にならなくなり、肌の状態もきっとよくなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*