施術前に注意すべき6つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
03

このページでは、脱毛施術前に注意すべき6つのことを紹介します。
ぜひチェックしてみください。

1、店側に指示されない限り、自分でできる部分はシェービングしておく

施術は当日ではなく、前日や2〜3日前など、店によって異なります。剃り残しがあると剃り残しの部分だけ避けて施術するサロンもありますし、別途お金を払うとシェービングしてくれるサロン、シェービングをして行ってもサロンでも無料で念入りにシェービングしてくれるサロンなどいろんなサロンがあるので、施術前のカウンセリングで、しっかり確かめておくことです。

2、日焼けはNG

特にフラッシュ脱毛は、黒いメラニン色素に反応することで脱毛し、日焼けで黒くなった肌に光を照射すると、強く痛みが出ます。また、照射ポイントも広がっていると、効果も半減します。良心的な脱毛サロンやエステでは、日焼けした肌が落ち着くまで施術をしないというところもあります。脱毛前に日焼けをしないよう、注意が必要です。

3、予防接種は10日前までに済ませる

予防接種をして10日以内に脱毛の施術をすると、発熱や全身の腫れが起こることがあり、インフルエンザの予防接種の場合は、注射を受けてから最低4日間は施術ができません。また、薬を飲んでいる場合も、施術を断られることがあります。特に医療機関に処方された薬があり、フラッシュ脱毛をする予定がある場合、医師に問題がないかどうかを確かめておく方が無難です。市販薬も、施術前には飲まないようにします。

4、生理の日は避ける

脱毛もホルモンバランスの影響を受けるので、肌が敏感になることで痛みを感じやすくなったり、トラブルが起こることもあります。

5、体調が悪いときに施術を受けるのは避ける

少しでも体調が悪いときは施術を避けましょう。

6、施術前12時間は飲酒は禁止

飲酒すると体温が上昇するのですが、高温のまま施術をすると、赤みや腫れが出る原因になるので、施術前12時間は飲酒を飲んではいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。