脱毛の施術後は入浴しないこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

施術を受けた後

脱毛の施術後は入浴しないこと

サロンや医療クリニックで脱毛の施術を受けた後、エステティシャンや医師から「今日はできるだけ入浴は避けてください」と必ずいわれます。

「別に大きな手術を受けたわけでもないのに、なぜ風呂に入ることを禁じられるんだろう」と、その注意を大げさに感じる人もいるでしょう。

確かに施術そのものは大掛かりなものではなく、脱毛機器から照射される光もそれほどパワーがあるようには思えません。そのため、その影響を軽くみなしてしまいがちです。

しかし、脱毛エステで用いられているIPL、あるいは医療クリニックで使われるレーザーは見た目では想像のつかないパワーを秘めています。一瞬の照射でも、十分毛根にダメージを与えられるエネルギーが備わっているのです。

IPLにしろレーザーにしろ、脱毛効果を上げる原理は同じです。どちらもメラニン色素に反応する特殊な光。毛根に達すると熱エネルギーに変わります。そのことで組織を死滅あるいは弱体化させ、毛が生えてこないようにします。

毛根にダメージを与えるだけならいいのですが、この時に毛根が高い熱を発するため、周りにある肌の細胞にもどうしてもその熱が伝わってしまいます。

もちろん施術中、あるいはその後も冷却ジェルなどで肌の温度を下げるため、それほどの重篤な影響は及ぼしませんが、日焼けと同様、軽いやけどの症状になっていることは確か——。

そのような症状をさらに悪くしないためにも、飲酒、入浴、激しい運動といった、血液の循環が良くなる行為は避けて下さい、といわれるのです。

症状が進むと、赤み・かゆみが起こったり、ひどい場合は炎症へと移行したりします。

アドバイスをしっかり守り、無用な肌トラブルを起こさないようにしましょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*