脱毛に通う期間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

何年も脱毛サロンに通っている女性

脱毛終了まで一体どれくらいかかるの?

「脱毛というのは、ただ毛を抜いてもらうだけ」——。

そう考えていませんか?

そんな人は、女性から「何年も脱毛サロンに通っている」という話を聞くと、ムダ毛が延びるたびにわざわざ抜きに行っているのかと勘違いするかもしれません。

もちろん、現在のサロンでの脱毛方法は毛を抜くものではありませんし、2〜3回通えば終わり、というわけでもありません。施術は毛のサイクルに合わせたもので、そのために脱毛が完了するまでどうしても日数がかかってしまうのです。

サイクルとはどういうものかというと、毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を順番に繰り返しています。「毛周期」とも呼ばれていて、一巡りする期間はおよそ2ヶ月から5ヶ月くらい。

このうち、「成長期」は毛が成長し、肌の外側に延びてくる時期。

次の「退行期」は毛の成長がストップし、毛乳頭から離れようとする時期。

そして「休止期」は、毛乳頭から完全に離れた毛が、抜け落ちるのを待っている時期です。

施術する場合、退行期や休止期では意味がありません。
効果があがるのは成長期だけです。

メラニン色素だけに反応するIPLという光を照射すると、毛は1週間〜2週間で自然に抜けていき、1ヶ月から2ヶ月の間ツルツルの状態になります(その後はまた延びてきます)。

退行期と休止期は、およそ1ヶ月から2ヶ月。それぐらいの日数を置いて照射を繰り返していけば、毛そのものが徐々に薄く細くなっていき、本数も減っていきます。

このようにして、2ヶ月に1回という頻度で施術に通い、2年間ほど経てば脱毛は終了。

ただ、サロンで施術してもらった場合、どうしても数年経過すると毛が再び生えてきてしまいます。

もっと何年もツルツルの状態にしたい人は、医療クリニックでレーザーによる施術を受けるといいでしょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*