家庭用脱毛器の購入で損をしないコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男女問わず、最近は脱毛する人が多くなってきました。サロンや医療クリニックなどは連日盛況。
さらに家庭用脱毛器もたいへん売れていて、家電店に専用コーナーまで設けられているようです。

「自分も試しに購入してみたい」という人もいるでしょう。ただ、安いとは言えない美容器具ですし、選ぶのに困ってしまうほど種類があります。
手に入れてガッカリしないためにもその特性や長所・短所について、しっかり知っておく必要があります。

そこで、このページを立ち上げました。家庭用脱毛器の購入を検討している人のために、その選び方のコツなどについて紹介していこうと思います。

画期的な器具である家庭用脱毛器

家庭用脱毛器
ムダ毛を手入れするためのツールは色々と売られていますが、それらは2つに大別されます。
つまり、肌の表面に出ている部分だけを処理するカミソリ、電気カミソリ、クリーム、そして毛根からムダ毛の全部を抜く毛抜き、脱毛テープ、ワックスです。

2つのうち、前者は本当は「脱毛」とは言えず、単なる「除毛」です。そして後者は「脱毛」といえば「脱毛」なのですが、毛根の発毛機能は損傷を受けないため、ムダ毛は手入れ後も伸び続けます。

ということで、今まではムダ毛を生えないようにするには、サロンや医療クリニックで脱毛処理をしてもらうしか方法がありませんでした。

そんな時に発明されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛で悩む人にとっては大きなニュースでした。

何しろプロの手でムダ毛処理してもらう場合、施術が終わるまで数ヶ月から数年はかかってしまいます。その間に嫌になって通うのを中断する人も多いですし、その料金が10万円を越えることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、費用が安く済む上に自宅で脱毛ができるのですから、あっという間にベストセラーになったのも当然でしょう。

ただ、最もリーズナブルなものでも2万円近くするので、いざ購入するとなると、どれを選ぶべきか慎重になってしまいます。

以下の選び方の注意点やその特徴をきちんと理解して、自分の目的に合った脱毛器を見つけ出して下さい。

選ぶ際に注意したいポイントとは?

注意したいポイント
家庭用脱毛器は、方式や機種の違いがダイレクトに効果にあらわれる商品だと言われています。
「たまたま安売りをしていたから」「色やデザインが他の機種より良かったから」といった理由で安直に買ってしまうと、結局ガッカリする場合が多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、注意すべきポイントをあげてみます——

使い勝手が良いか悪いか

家庭用脱毛器の口コミをネットで検索してみると、

「『スピーディにムダ毛が手入れできる』という評価だったので購入してみました。でも私には照射部分が重すぎて、ちょっと使うだけで手がだるくなってしまいます」

「パワーが強いのはいいのですが、1回の照射面積がすごく小さいのが難点です。おかげで足の手入れにはどうしても手間と時間がかかります」

「予想していたよりも動作音が大きく、これでは夜中には使えません」

などの悪い口コミが結構投稿されていました。このように「使用感が良くない」ということで、わざわざ買ったにもかかわらずいつの間にか手も触れなくなった、という人も少なくないようです。

こんな悲しい結末を迎えないためにも、照射面積や最大出力レベル、連射機能などに関しては公式サイトなどでチェックするようにしましょう。また、脱毛器を扱っているディスカウントショップや家電店が近くにあるなら、手に取って重さを調べた方が無難です。

コストパフォーマンスはいいか?

脱毛器の購入でよくあるのは、本体は格安で手に入れたのに、消耗品のカートリッジのコストが予想以上にかかってガックリする、というもの……。

家庭用脱毛器は2万円を切るものから、10万円を越えるハイレベル品までバラエティに富んでいますが、使用すると必ず消耗するカートリッジのコストを忘れてはいけません。

購入するなら、本体価格に加えて、カートリッジの値段、そしてその交換頻度をしっかりと確認しておきましょう。

脱毛効果をあらかじめ把握しておく

サロンと医療クリニックでは施術用のマシンの方式が違いますが、家庭用脱毛器でも商品によって異なる方式が使われています。現在主流となって用いられているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式ですが、それぞれに良いところと悪いところがあります。

効果をどれだけあげたいのか、あるいはどの部位を主に手入れしたいのかは人によって違いますから、各方式の特徴を理解しておくべきです。

また、「顔・VIOといった敏感なパーツにも使えるか」「1回の処理にかかる時間はどれくらいか」といった細かいデータに関しても、なるべく調べておきましょう。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つの要素に関しては、必ず留意しておいて下さい。

家庭用脱毛器の使用における長所と短所

長所と短所

長所

・サロンやクリニックと比べると、2分の1以下の費用でムダ毛処理ができる
・交通費をかけて施術場所に出かける必要がない
・他人に見られたくない箇所も処理できる

短所

・お尻、背中、うなじといった部位はひとりではやりにくい
・何もかも自分でやるため、途中でイヤになる可能性がある
・肌トラブルの予防と対処が面倒くさい

永久脱毛は家庭用脱毛器で可能なの?

永久脱毛は可能なの?
実はほとんどの家庭用脱毛器はプロが使うマシンの小型版で、脱毛のメカニズムという点では全く同じです。ただ、火傷などの重篤な肌トラブルを防止するため、照射パワーが相当控えめになっています。そのため、永久脱毛はできません。

なお、意外に知らない人が多いのですが、サロンの脱毛というのは「抑毛」で、発毛器官は死滅しません。ですから、数年ほどで毛は伸びてきます。

永久脱毛したい人は、医療クリニックでレーザーによる施術を受けて下さい。

脱毛の方式にはどのような種類がある?

どのような種類がある?
家庭用脱毛器の主流となっている方式について、簡単に説明してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器のほとんどが採用している方式で、サロンの脱毛と同じ効果が得られます。使われるのはIPLという特殊なライト。これを肌に直接当てると肌の奥にある毛根が熱に包まれて弱体化します。
2週間ごとに照射していくうちに毛が細くなり、本数も減っていくわけです。

1番のメリットはIPLの照射口が広く、ワンショットで手入れできる面積が広いこと。そのため、処理のスピーディさという点で圧倒的です。腕・背中・足などの大きなパーツを処理したいなら最適でしょう。

照射パワーがそれほど強くないため、火傷の心配もほとんどありません。もちろん痛みもごく軽くですみます。

デメリットは、脱毛完了までの時間が長いこと。それでもおよそ1年間照射を続ければ、肌がツルツルの無毛状態になります。

レーザー式

ほとんどの医療クリニックで採用されているのがレーザー式脱毛。部位に照射されたレーザー光が黒いメラニン色素を含むムダ毛だけに反応し、熱エネルギーに変化します。その結果、毛母細胞、毛乳頭といった部位に損傷が及び、発毛が阻害されるのです。

フラッシュ式と違って光が広がらないために効果が高く、指、顔の一部といった狭い部位、それに太くて硬い毛を脱毛したい人にピッタリです。

脱毛完了にかかる日数も短か目で、2週間に1度の照射を続ければ、3ヶ月くらいで効果が実感できます。

ただ広い部位だと、すべてのムダ毛に光を照射するのに長い時間が必要ですし、打ち漏れも起こりやすくなります。

またデメリットとして大きいのが、レーザーを照射した時の「痛み」です。ネットでも「思っていた以上の痛みでつい声が出た」「照射直前は思わず緊張してしまう」といった口コミが目立ちます。

特に骨付近のスネ、デリケートゾーン、脇などは痛みを感じやすいところなので、照射パワーを控え目にした方が無難です。

また、レーザーがホクロ・シミといった黒い箇所に反応することがあるので、シールなどを貼るか、照射そのものを避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ムダ毛をピンセットのようなピッカーという先端ではさみ、そこに微弱な電流を流して発毛機能を弱体化します。光は使用しないので、目の付近のパーツ(眉、額の生え際など)の脱毛が可能です。

また、日焼け肌のムダ毛、白髪はフラッシュ式やレーザー式では手入れが難しいのですが、高周波であれば対処できます。

ただ、処理は1本ずつの手作業になりますから、広いパーツ向きではありません。手入れをさっさとおこないたい人には、フラッシュ式の方が合っているでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、すべて毛根にダメージを及ぼして発毛を防ぎます。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」にはそんな機能は備わっていません。

サーミコン式脱毛器は、ムダ毛をヘッド内蔵の熱線で焼き切る、というものです。
あくまで表面から外へ出ている部分を処理するだけ(つまり除毛)なので、すぐに毛は伸びてきます。

ただ、毛先を丸く処理できるため、カミソリのチクチク感を避けたい人は助かるでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはムダ毛をローラーのスリットに絡ませて引き抜きます。

要するに毛抜と同じ方法ですが、広範囲をあっという間に処理できるのがメリットです。もちろん毛穴や肌へ強い刺激を与えるため、おすすめはできかねます。

主な家庭用脱毛器の価格は?

価格について
家庭用脱毛器を買う時に1番気にかかるのが、その価格でしょう。

ここでは公式サイトをチェックし、主な家庭用脱毛器の値段をまとめてみました(照射面積&1ショットあたりの単価も一緒に記します)。

・ケノン
価格…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
1ショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショットあたりの単価…1.78円

・4x
価格…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
1ショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
価格…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
1ショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
1ショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
価格…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
1ショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
価格…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
1ショットあたりの単価…0.29円

最も高いのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安いのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと格安なものもあるのですが、それらは正確には「除毛器」なのであえて除外しました)。

またすでに言ったように、買う時はカートリッジのコストを考慮しなければなりません。上の一覧には書きませんでしたが、カートリッジの価格がどれくらいなのか、自分でチェックしておきましょう。
本体価格・プラス・カートリッジの数値を比べることで、本当の値段の差が分かります。

そして、ワンショットの単価も大事です。上の一覧を見て、「ワンショットあたりのコストの違いなんて、ほとんどない」と考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1回では終わらず、2週間に1回、ライトを当て続ける必要があります。つまり、ワンショットの違いも、何度も繰り返されることで大きな差となるのです。

最後に「照射範囲」もチェックしなければならないデータです。1回の照射範囲が大きくなればなるほどショットの数は減少していきますから、カートリッジの維持費も安くなります。

上のデータでは4xの照射範囲の数字が小さくなっていますが、これは4xがレーザー式だからです。
フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンの数字と比べると、何倍もの差があります。

広いバーツを処理したい人など、照射の面積と単価がどれくらいなのか、よく調べておきましょう。その上で、なるべく予算に合ったものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の方式の違い、機種の選び方などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上で説明したように、家庭用脱毛器はその方式や機種によって用途・効果が相当違います。また本体はもちろん、カートリッジのコストをあらかじめ調べておくことも大切です。

ぜひ自分の予算・目的に合った製品を選び、ステキな脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*