産毛で悩んでいるなら、ぜひとも顔脱毛を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

体の部位の中でも、顔は最も人目にさらされているところです。
一日中露出しているために外気の影響を受けることも多く、肌のケアにも気をつかわざるを得ません。

また、女性にとっては自分の美しさをアピールできるパーツでもあり、そのお手入れにはなおのこと力が入るでしょう。

ただ、肌のお手入れを懸命に行えば行なうほど、「邪魔だなあ」と感じてしまうモノがあります。

それは額、頬、顎などに細かく生えている産毛——。

特に女性の場合、鼻下の産毛は目障りなものです。そのままにしておくとヒゲに見えて恥ずかしいので、カミソリや毛抜きなどで自己処理するのですが、やりすぎると黒ずみなどの症状を引き起こすこともあります。

また、産毛があると化粧のノリが良くありません。いつも肌の美しさを気にしている女性にとって、とにかく産毛というのは厄介者です。

こんな状態から抜け出そうと、最近は熱心にサロン通いをして産毛を脱毛してしまう人も多くなっています。

昔、顔の脱毛は費用がリーズナブルとはとても言えませんでした。顔は「脱毛しにくい部位」といわれ、キャンペーンの対象にもならなかったのです。

しかし近年になって新しい脱毛方法が色々と開発されました。
料金もディスカウントされ、以前より手軽に施術してもらえるようになっています。

とはいうものの、これまで脱毛などと縁のなかった女性にとって、サロンに通い続けるというのは何となく不安を感じるものです。

そこで、顔脱毛についての詳細な情報を紹介した上で、定評のあるサロンを推薦。さらに施術にともなう疑問点についても説明してみることにしました。

このページの情報が、脱毛しようかどうか迷っている女性の一助になれば、と思います。

現在の脱毛方法とはどういうものか

顔脱毛について詳細を紹介する前に、まず現在の脱毛とはどのようなものなのか、短く説明しておきます。

脱毛の施術は以前は結構大変なもので、電気の通じた針(プローブ)を毛穴に刺し、スタッフが一本一本の毛根を焼き切っていました(これを「美容電気脱毛」または「ニードル脱毛」と呼びます)。

これは脱毛効果では最高なのですが、ひとつひとつの毛穴に針を突き刺していくわけですから、痛みは避けられません。
おかげで、「脱毛の施術は痛くて怖い」というイメージが世間に広まってしまいました。

この脱毛方法は現在でも行われてはいるのですが、「時間がかかりすぎる」ということで廃れています。代わって主流になったのが、ムダ毛のある肌にレーザー系の光を直接照射するという「光脱毛(フラッシュ脱毛)」です。

光(フラッシュ)といってももちろん様々な種類がありますが、サロンで最もポピュラーなのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

このライトは表皮には影響を与えず、皮膚の奥に隠れている毛根で光から熱に変わります。そしてその高熱により、毛乳頭、毛母細胞などの発毛組織に大きなダメージを与えるのです。

もともとIPLは、エステで肌のケアに使われていたもの。脱毛用に流用された後もニキビ跡や黒ずみなどに効果があるので、施術していくうちに肌の状態も整ってきます。

最近ではこのIPL以外にも、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式が加わり、サロンの施術方法も多様になってきました。

これらの方式には特徴があるので、その効果を理解した上で自分にふさわしいものを選ぶといいでしょう。

施術可能な顔の部位はサロンによって異なる

顔脱毛で注意したい点のひとつは、サロンによって施術できる部位が異なる、ということ。

あるサロンのアンケートによると、顔の施術での希望部位は、鼻の下、アゴ、眉間がトップスリーということです。しかし、この3つについても、脱毛できるかどうかは店によって違います。

有名サロンの例をいくつかあげてみると——

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ミュゼ……鼻下、顎

といった具合で、施術できる部位に相違があります。

ということで、「顔脱毛もできます」とサロンの広告にあったとしても、希望部位を確実に施術してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで行ったのに「そこは施術できません」と言われると腹が立ちますので、脱毛できる部位についてはサイトなどでチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均料金はどれくらい?

「どれくらい費用がかかるのか?」……

初心者が顔脱毛しようと決心した時、まず不安を感じるのはその点かもしれません。

20社に及ぶ有名サロンのデータで顔脱毛の平均料金を計算してみると、「41,033円」という金額になりました。

これが「高い」のか「安い」のか。それはその人の脱毛への熱意によって決まるでしょう。

ちなみに顔脱毛を行っているのはサロンだけに限りません。専門の医療クリニックでも施術は受けられます。

こちらもデータで平均値を計算してみたところ「131,325円」という金額になりました。

つまり医療クリニックで施術すると、サロンの3倍以上の費用がかかるわけです。

「ずいぶん高い」と思われるでしょうが、クリニックでは「永久脱毛」が可能というメリットもあり、無駄にこの値段を取るわけではありません。

サロンにするかクリニックにするか、料金と効果を考慮しながら選んで下さい。

初心者なら「お試しコース」がベスト

脱毛サロンでは様々なプランが用意されていますが、初心者にもってこいなのは何と言っても「お試しコース」です。

これでその店のサービス、脱毛技術、接客態度などをチェックし、その上で正規プランを契約するのがベストなやり方です。

なおコースを申し込む際は、店に電話するより、特典のついたネット経由で行いましょう。希望する店のサイトを開いたら、料金や条件などをチェックして手続きします。

その後はサロンに直接出かけることになりますが、まずスタッフと対面してカウンセリングを行います(料金は無料です)。

内容は、プランについての説明、希望部位の聞き取り、そしてアンケートなど。ちょうどいい機会なので、

「脱毛完了までどれくらい通えばいいのか?」
「施術に使われる脱毛器はどんなもの?」
「永久脱毛は可能なのか?」

など、積極的に色々と質問してみましょう。

ちなみに初日はカウンセリングだけで完了することがほとんど。施術は改めて後日受けることになります。

施術時には——

・スタッフの接客態度、サービスは?
・施術に痛みはともなうのか? 痛いとしたらどの程度か?
・術後の肌の保湿に気をつけているか?

などのポイントをチェックしましょう。

これでいい印象なら、そのまま正規プランを契約することになりますし、悪ければそのまま終了。後者なら他のサロンを調べ、またそこの「お試し」を経験することになります。

最近は脱毛ブームということもあってサロンの数も急増中。
きっと自分に合った店に出会えるはずです。

「キレイモ」と「ジェイエステティック」の2店がおすすめ

「顔脱毛ならここ」というサロンを2つ紹介します。

まずは有名タレント(渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるなど)を使ったテレビCMで知名度の高い「キレイモ」。

ここの顔脱毛は他のサロンより施術可能部位が多く、他店では不満足だった人がわざわざ脱毛し直しに訪れるようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気を集めているのが「フェイス6」というプラン。費用が1回2,500円というのですから、大人気となるのも当然でしょう。「なるべく安上がりに顔脱毛がしたい」という人にはピッタリ。

「顔脱毛したいけど、サロンが多すぎて困っている……」という人は、ぜひこの2店のサイトをのぞいてみて下さい。

以上、顔脱毛に関して基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛にまつわる疑問点や、施術の際に気をつけるポイントについて紹介していきましょう。

歯の治療中、施術を行ってもいいのか?

毛の再生力というのは馬鹿にできず、完全に脱毛するのには日数がかかります。数ヶ月サロンに通い続けることなど当たり前なので、その間に歯医者に行く人もいるかもしれません。

この場合、脱毛と歯の治療を間隔をおかずに行なうこともあり得ます。
2つの施術がバッティングしても問題は起きないのでしょうか。

サロンに訊いてみると、「通常の歯の治療なら問題ありません」とのこと。

ただ、歯医者で処方される痛み止めの薬については、注意が必要です。

実は脱毛の施術中、ごく少数ですが「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こす人がいます。これは、光に肌が反応し、かゆみやむくみ、水ぶくれが生じる現象。

実は、痛み止めにはそれを誘引する成分が入っていることがあり、施術に際してはその摂取が禁じられています。

トラブルを起こさないためにも、痛み止めをうっかり飲んだらスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯がある場合、光によって痛みが増してしまうことがあります。それがイヤな人は、口付近の施術は避けた方がいいでしょう。

また、歯列矯正の器具に関しても、光の反応で熱が生じることがあります。そうなると口を火傷することになるので、口周辺の施術は後回しにしましょう。

ただ、器具がプラスチックやセラミック製なら問題ありません。

このように施術条件は複雑なので、必ずスタッフと相談しながら脱毛して下さい。

ニキビがあると施術はどうなる?

光脱毛は毛根に熱を発生させるため、体調に影響が及ぶことがまれにあります。そのため、施術の際は色々な条件をクリアしなければなりません。

たとえば皮膚が極端に乾いていると施術できませんし、ムダ毛が短くカットされていない場合も施術は不可です。

ではニキビがある肌はどうでしょうか?

サロンに質問すると、ほとんどの店で「施術はできます」との回答でした。

というのも肌に照射されるIPLというライトは、毛乳頭や毛母細胞などの毛根の組織に損傷を与えるだけで、ニキビには害を及ぼしません。そのまま施術しても問題はないのです。

ただ炎症がひどい場合はダメです。照射で炎症が進むこともあるので、施術するかどうかはスタッフと相談した上で決めましょう。

脱毛によってシミやそばかすができるって本当?

現在、最もよく使われる脱毛方法は、メラニン色素に反応するレーザー系の光を肌に直接当てるというもの。

「そんな強い光を照射したら、肌が色素沈着を起こすのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに太陽の光による日焼けは、シミやそばかすの原因のひとつです。施術で用いられるIPLなどのライトも光度が大きいので、つい紫外線と同じ様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし、IPLはエステで美肌用に使われてきた歴史があります。肌に対して決して悪い影響を与えるものではありません。

「でもネットでは『脱毛したせいで、シミや黒ずみができてしまった』という口コミを見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

その現象に関しては、理由が2つ考えられます。

まず、ターンオーバーが進んだことにより、肌の深層に隠れていたシミ予備軍が皮膚表面に出てきた、というもの。

施術によって新陳代謝が進み、深層にあったシミが皮膚に現れるのはよくあることです。

ただ、シミのほとんどはターンオーバーがさらに進行すれば消えてしまいます。

あと施術の後、乾いた肌に傷がつき、痕になって残ってしまうケース。
これをシミだと勘違いする場合があります。

ともかく、脱毛が直接の原因でシミや傷ができることなどありません。安心して施術を受けて下さい。

サロンに出かける時は、メイクなしが原則?

顔脱毛を始める際、女性が不安を覚えることのひとつは、

「店に行く際は、スッピンでないといけないのか?」

ということ——。

素顔で人前に出ても問題のない10代の女の子ならいいのですが、普段からメイクをしっかりしている大人の女性にとって、スッピンで外を歩くというのは結構大変なことです。

先に結論を述べてしまうと、メイクしていても問題ありません。

サロンには専用ブースが設けられていて、施術前に化粧を落とせます。
しかもサロンの中には、スタッフが無料でメイクをオフしてくれるところもあります。

ただ設備やサービスが充実しているからといっても、あまりに濃い化粧をしていくと、それを落とすだけで時間がかかります。

化粧は薄くし、施術までの時間をムダに取らないようにしましょう。

以上、顔脱毛について色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、サロンと契約してみましょう。
脱毛するうちに、肌のコンディションも以前より改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*