脱毛を自己処理で行うデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
kenuki

自宅で手軽に出来るのが自己処理です。脱毛サロンで施術を行うよりも格段に値段が安く、自分の都合に合わせて行うことができるという点も自己処理ならではのメリットと言えるでしょう。

しかし、脱毛という部分にのみ焦点を当てて考えてみるならば、自己処理は脱毛サロンのような完璧な処理は望めません。

例えば、カミソリでの処理は痛みもなく入浴中に手軽に行える自己処理方法ですが、皮膚から出ている部分のみをカットしているので、すぐ伸びてしまい毎日継続して処理を行う必要があります。また、毎日自己処理を続けることは皮膚の黒ずみの原因となるばかりか、皮膚の弱い人はカミソリ負けの症状に悩まされる場合もあります。

カミソリではなく毛抜きを使用して自己処理を行う方もいるかもしれません。毛抜きの場合は、カミソリのように毎日処理を行う必要はありませんが、肌への負担は相当なもので、続けることにより毛穴が目立つようになってしまったり、カミソリ同様皮膚の黒ずみを感じるようになります。結果的には、カミソリでの自己処理同様、肌への負担が多く肌に自信が持てなくなってしまうという可能性もあります。

脱毛と同じくらいツルツルなお肌も手に入れたいという方は、自己処理では完璧な処理は期待できないことが多いので避けた方が良いでしょう。

特に、毛深いことで悩んでいたり敏感肌であるということを実感している方は、残念ながら自己処理はお勧めできません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。