医療脱毛クリニックを選ぶ賢い方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ふた昔前、脱毛についての世間的なイメージは、良好とは言いにくいものでした。「施術時の痛みが強すぎる」「とにかく勧誘がしつこくて悪質」「肌の状態がかえって悪くなった」などなど……。
しかも施術コストがとんでもなく高く、金持ち限定の美容術、という印象がぬぐえませんでした。

ところが今や中学生の女の子でも施術に通うほど、脱毛はありふれた行為になっています。かつての悪い評判を考えれば、嘘のような感じです。

一度自分でもトライしたい、という人も多くなっていますが、施術してもらうとなると出かける先は2つに限定されます。
脱毛サロン、そして医療クリニックです。

有名タレントが出てくる宣伝の影響もあって、かつてはサロンに足を運ぶ人が多かったのですが、最近では医療クリニックのメリットも認知されつつあり、どちらにしようか迷っている人も少なくないようです。

そこで、このページでは医療脱毛クリニックの特集をおこなうことにしました。
その長所・短所、脱毛方法の特徴、そしてクリニックを選ぶ時の注意点など、役立つ情報を色々と取り上げていきます。

クリニック脱毛の詳細

クリニック脱毛の詳細について
脱毛士と呼べるプロが施術をおこなっているのは、今のところサロンと医療クリニックしか存在しません。
もしクリニックと契約するなら、その特徴を把握しておいた方がいいでしょう。

1)レーザー技術を応用した施術

特別なライトを使って施術する点では、クリニックもサロンも変わりません。しかし、クリニックの場合、それがレーザー光線であるところが最大の特徴です。

レーザー脱毛の可能性を示唆したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュ。1983年、2人が雑誌「サイエンス」に掲載した「選択的光熱凝固理論」は、クレオパトラの時代から続くといわれる脱毛の歴史にルネサンス的な光明をもたらしました。

それまで脱毛といえば、針に似た電極(プローブ)を使う「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)が中心でした。これは「電気分解脱毛法」というもので、アメリカの眼科医であるチャールズ・E・ミッチェルが1875年に考案。
電極によって毛包に直流電流を流し、毛を成長させる組織を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がこの器械を改良して普及させますが、なにしろたくさんある毛穴に電極を1本1本挿入していくために時間がかかり、それだけ費用も高くなってしまいます(例えば、両脇だけ処理するのでも20万円は必要でした)。しかも毛包に電流を流す時に激烈な痛みが走るため、顧客もかなりの忍耐を強いられます。

この状況を劇的に変えたのが、レーザー脱毛の開発でした。

レーザー脱毛は、ビームスポットから射出されるレーザー光線を肌に当て、毛に3%だけ含まれるメラニン色素に反応させる、という方法をとります。通常の光と違ってレーザーは単一の波長を持ち、強度が極めて高いのが特徴。光が広がらず、一方方向に向かって真っ直ぐに進みます。また一点に集光することができるため、その破壊力は強烈です。

そしてもうひとつ大事な特性は、波長によって特定の色だけに反応する、という点。つまり、青、黒、赤などの色のついたモノに集光したレーザーを当てると、それだけで大きな損傷を与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色にのみ作用するように媒質や光学素子によって波長を700nm〜1000nmに調整しています。周辺の皮膚には影響を及ぼさないため、肌への直接の照射が可能です。メラニン色素に吸収された光線は65度〜70度ほどの高熱を生み出します。

この高熱が発毛を促進する毛母細胞、毛乳頭といった組織を死滅させ、肌をツルツルにするわけです。

施術そのものは、波長を調整して、レーザー光線を照射するだけ。照射口であるビームスポットの直径は数ミリしかありませんが、ワンショットは100分の1秒くらいで終わるため、スピーディな処理が可能です。美容電気脱毛の時のような面倒な手作業はいりません。

マシンの開発当時は、ルビーを媒質に使ったルビーレーザーだけが使われていたのですが、これは白人向けで色のついた肌には使用できませんでした。しかしその後日本人向けのアレキサンドライトが登場。現在はさらにダイオード、YAGなど、様々な媒質を使用したレーザーが増え、肌質や部位に応じて選択することが可能となりました。

2)いわゆる「永久脱毛」が可能

脱毛についてはまだまだ知識不足の人が多く、「1度マシンで施術してもらえば、その部位はずっと無毛になる」と勘違いしている方までいます。

しかし1回の照射ではダメージはたかが知れています。また発毛をつかさどる毛球部分は頑丈で、多少の損傷を受けても機能は保たれたままです。

さらに毛周期という発毛サイクルにあわせて施術をしないと、ムダ毛は完璧には処理できません。2ヶ月間隔を開けて照射を続けるうちに毛が減っていき、ようやく脱毛が終わるのです。施術期間は長い場合は数年に及びます。

ちなみにサロンでも毛根にアプローチする光線を使いますが、その威力が弱いために、発毛は一時的に抑えられているだけです。施術から数年経過すると、ムダ毛は再生してしまいます。

その点、医療クリニックでは破壊力に優れたレーザー光線を使うため、毛根が死滅する可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)医師資格がないとマシンが操作できない

上の項目でも少し述べましたが、サロンの脱毛方法はクリニックのものと似ているとは言え、マシンから射出する光線の種類が違うためにレーザー脱毛とは呼べません。
またパワーの点でサロンの光線とレーザーとは大きな差があります。サロンの脱毛士に特別な資格がいらないのも、施術の危険性が低いからです。

一方、レーザー脱毛は照射する光線が身体組織を破壊する威力を持っているので、わずかなミスが重大な事故につながりかねません。そのため施術をおこなえるのは、万一のときに対応できる医師に限られています。もちろん、火傷を治療できる器具・設備などもそろっているので、その点でも安心できます。

医療脱毛の良い所・悪い所

良い所・悪い所

良い所

・施術を担当するのが医師なので、万が一事故があっても素早い対処ができる
・脱毛効果が極めて高く、毛深い体質の人でも肌をツルツルにできる
・脱毛にかかる日数が短めで、サロンのように施術回数も多くない

悪い所

・格安コースの多いサロンと比べると、料金がずっと高い
・レーザーが当たった時の痛みが強く、施術がおっくうになる
・炎症、毛膿炎といった肌トラブルの心配がある

脱毛サロンと医療クリニック その相違点とは?

これまでも脱毛サロンとクリニックの差について触れましたが、ここで相違点をさらに挙げてみます——

施術料

昔からサロンは目立つ広告を雑誌に載せていますが、そこには色を変えた活字で「月末まで限定の価格」「お得なディスカウントキャンペーン」などと書かれています。これで分かるように、サロンの大きなセールスポイントとなっているのはその施術料の安さです。

一方、クリニックは医療機関ということで、施術コストが大胆に値引きされることはほとんどありません。

ここで、サロンとクリニックの費用がいくらくらいなのか、まとめて見てみましょう。

まず脱毛サロンから。大手サロン20社の公式サイトから、パーツ別の平均施術コストを出してみたところ——

・顔…41,033円
・ワキ…16,833円
・うなじ…19,000円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

となりました。

次に医療クリニックです。こちらも大手20院の平均料金を計算しました——

・顔…131,325円
・ワキ…14,825円
・うなじ…57,250円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

こうすると一目瞭然、やはり医療クリニックの方がサロンよりはるかに料金が高くなっています。特に顔脱毛はその差が大きく、クリニックの料金はサロンの3倍を越えます。

効果

サロンとクリニックでは脱毛方法が違うため、効果についてもかなりの差が出ます。

いまサロンの脱毛方法は4つほどあるのですが、その中で最もポピュラーといえるのがIPL脱毛です(光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれます)。

ワンショットあたりの照射範囲が広く、腕、背中、脚といった大きな部位に最適。照射パワーも抑えてあるので、痛みの方もそれほど感じずにすみます。

ただ覚えておきたいのは、サロンの脱毛が正しくは「抑毛」「減毛」だということ。つまり、部位がツルツルになったとしても、その状態は数年くらいしか続きません。

一方、医療クリニックのレーザーは発毛組織を完璧に破壊できるパワーを持っていて、脱毛完了後は毛が再生する可能性は低くなります。

保証

保証に関しては、クリニックと脱毛サロンの2者でほとんど違いはない、と言えます。

結果に満足できるまで施術できる「永久保証」、有効期限を一定の日数延ばせる「期間保証」、中途解約時に前払金の残りを返してくれる「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方で提供しています。

ただ、条件については各医院で相当違うところがあるので、あらかじめ公式サイトなどで確認しておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いを挙げる際、意外に見逃されるのが支店(支院)の数です。

「それって重要?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは、ちゃんとした成果があがるまで長い日数がかかります。
ワキのような部位でも数ヶ月、さらに全身脱毛のようなコースになると、数年間は施術場所に通い続けなければなりません。

なにしろ長い期間なので、人によっては生活の状況が激変してしまうこともあります。転勤・引っ越しがそれに当たりますが、転居先に今まで通っていたクリニックの支院がないため、前払いした料金がムダになるケースも出てきます。

狭い部位なら数万円ですむかもしれませんが、大掛かりで手間のかかるプランだと、前払い金も20万円を越えます。できるなら、転居した場所でもそれを活かしたいでしょう。

有名サロンなら支店が全国にあるため、引っ越し先でも施術を継続できる可能性が高くなります。
ところがクリニックは支院数が少なく、転居してしまうと前払い金がムダになってしまうケースが多いようです。

ということで、もし転勤や引っ越しの多い人が脱毛するなら、医療クリニックよりも支店の多い有名サロンの方がいいかもしれません。

どの医療脱毛クリニックを選ぶか そのポイント

注意ポイント

やはり施術コストが重要

クリニックで脱毛すると決めた時、まず知りたくなるのはその施術コストでしょう。

上述したように、医療クリニックの料金はサロンに比べて高いのですが、たとえば「湘南美容外科クリニック」は、初回の部分脱毛がかなりお安くなっています。特に両脇に関しては6回の施術で1,000円と驚くほどリーズナブル。

このようにある部位を格安で脱毛してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひネットなどで調べてみて下さい。

痛みに対処してくれるか?

レーザー脱毛の見逃せない難点が、施術時の痛みです。最近ではこのデメリットをなくそうと、新考案のマシンを導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では、「ジェントルレーズプロ」というマシンを採用しています。これは施術時に部位を冷やすことで痛みを軽減するというもの。
おまけに麻酔代も無料なので、痛みがイヤな人にはもってこいでしょう。

支院の数は多いか?

クリニックの支院の数も大きなポイントです。

繁盛しているということで安心できますし、予約も取りやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国各地に支院があり、引っ越し後も契約を活かせる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関する情報を細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか。

「レーザー照射の痛みが強い」「施術コストが高い」といった理由から医療クリニックを避ける人も少なくないと思います。
ただ、「脱毛効果が何よりも大事」というなら、やはりクリニックで施術してもらうのがベストです。

どうかこのページを参考に、満足のいく医療クリニックを見つけて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*