光脱毛のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Close up of  receiving epilation laser treatment

光脱毛は500〜1200nmの広域波長の光を当てて脱毛する施術方法であり、レーザー脱毛に対してマイルドであることが特徴です。
そして出力にも一定の制限があるので、医師免許を持たないエステティシャンでも安全に扱うことができます。
光の波長が大きいことによりさまざまな毛に反応しますが、出力が弱い分、レーザー脱毛に比べて長く通わなければならず、1〜2年くらいかけて脱毛するところがほとんどです。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは、レーザー脱毛と同様に広範囲の毛を一気に処理するために、時間効率が広いことです。光の波長が長いために、火傷のリスクも少なく、レーザー脱毛と比べると、光脱毛の方が安全です。また痛みが少なく、費用が安いのがメリットです。レーザー脱毛より痛みが少ないです。光の作用で毛穴が引き締まるという美肌効果があります。さらにレーザーに比べて価格が安いです。

光脱毛のデメリット

医療機関のレーザー脱毛が「永久脱毛」を謳えるのに対し、エステサロンの光脱毛は再生力が弱くなる「不再生脱毛」です。よって、永久脱毛はできません。勢いは弱くなりますが、一定の期間をすぎるとまた生えてきます。

また、うぶ毛や色の薄い毛などに対しての脱毛効果は期待できません。シミやほくろには、照射できないというデメリットがあります。そして光脱毛で脱毛したからといっても、毛が永遠に生えてこなくなるわけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。