脱毛コラム

脱毛に通う期間

何年も脱毛サロンに通っている女性

脱毛終了まで一体どれくらいかかるの?

「脱毛というのは、ただ毛を抜いてもらうだけ」——。

そう考えていませんか?

そんな人は、女性から「何年も脱毛サロンに通っている」という話を聞くと、ムダ毛が延びるたびにわざわざ抜きに行っているのかと勘違いするかもしれません。

もちろん、現在のサロンでの脱毛方法は毛を抜くものではありませんし、2〜3回通えば終わり、というわけでもありません。施術は毛のサイクルに合わせたもので、そのために脱毛が完了するまでどうしても日数がかかってしまうのです。

サイクルとはどういうものかというと、毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を順番に繰り返しています。「毛周期」とも呼ばれていて、一巡りする期間はおよそ2ヶ月から5ヶ月くらい。

このうち、「成長期」は毛が成長し、肌の外側に延びてくる時期。

次の「退行期」は毛の成長がストップし、毛乳頭から離れようとする時期。

そして「休止期」は、毛乳頭から完全に離れた毛が、抜け落ちるのを待っている時期です。

施術する場合、退行期や休止期では意味がありません。
効果があがるのは成長期だけです。

メラニン色素だけに反応するIPLという光を照射すると、毛は1週間〜2週間で自然に抜けていき、1ヶ月から2ヶ月の間ツルツルの状態になります(その後はまた延びてきます)。

退行期と休止期は、およそ1ヶ月から2ヶ月。それぐらいの日数を置いて照射を繰り返していけば、毛そのものが徐々に薄く細くなっていき、本数も減っていきます。

このようにして、2ヶ月に1回という頻度で施術に通い、2年間ほど経てば脱毛は終了。

ただ、サロンで施術してもらった場合、どうしても数年経過すると毛が再び生えてきてしまいます。

もっと何年もツルツルの状態にしたい人は、医療クリニックでレーザーによる施術を受けるといいでしょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛キャンペーンについて

脱毛人口が急増

脱毛サロンの様々なキャンペーン

ここ数年、脱毛人口が急増するにつれ、サロンの数も驚くほど増えてきました。
全国各地でチェーン展開をしている店もいくつかあり、繁華街などではそれらの店が顧客獲得にしのぎを削っています。

お客さんに来てもらうために各店特色を打ち出していますが、公式サイトでは割引サービス及びキャンペーンにスペースを割き、脱毛初心者の興味をひこうとしています。

その中で目立つものをいくつか紹介してみましょう。

まず、ある一定期間は料金がタダ、というキャンペーン。

各店ともこの手の無料キャンペーンは実施していますが、最もリーズナブルなのは脱毛ラボ。2つのプラン(「全身48ヶ所」と「選べる24ヶ所」)で、「15ヶ月無料体験」というキャンペーンを行っています。

他のサロンには、これほど長期間にわたって無料、というサービスはありません。
チェックする価値は大いにあります。

続いて、他の店から乗り換えれば大幅な割引をする、という携帯によく似たキャンペーン。これについてはキレイモがお得——。

対象となるのはパックプランの契約者。契約回数に応じて以下のように割引額が違います——

・12回……2.5万円OFF
・15回……3万円OFF
・18回……5万円OFF

他のサロンの料金が「高すぎる」と思ったら、これを契機にキレイモに乗り換えることをおすすめします。

次に、公式アプリをダウンロードすれば料金をディスカウントするというサービス。

これはミュゼが実施しているもので、全脱毛コースが50%OFFとなります(ただ、4回以上の契約が必要です)。

このキャンペーンがお得なのは、もうすでに契約をすませた会員もこのサービスを受けられる、という点です。

現在ミュゼに施術に通っている人は、ぜひ専用アプリをインストールしてみましょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

ワキガの原因と脱毛によってワキガを改善できる仕組みについて

ワキガの原因について

ワキガが気になる女性
ワキガになる原因は、アポクリン腺から分泌される汗が多くなることで脇毛に異臭を放つ成分がつきやすくなることが原因となります。

なぜなら、脇毛はアポクリン腺と一体化している毛なので、アポクリン腺から出る汗が多くなるにつれて脇毛に雑菌が繁殖しやすくなるからです。

また、ワキガの臭いは汗臭さとは違う臭いを放ちます。

一般の汗を出すエクリン汗腺は水分を多く含みますが、ワキガの原因に繋がるアポクリン腺の汗は水分の他にも脂質や糖質を含みます。

よって、アポクリン腺の汗が脇毛について酸化されることにより、ワキガは特徴的な臭いを放つようになります。

なので、ワキガの臭いを抑えるには脇毛を短くすることと、アポクリン腺から出る汗の量を減らすことが重要となります。

けれども、自己処理による脱毛ではアポクリン腺から出る汗の量を減らすことが難しいです。

なぜなら、自己処理では脇毛の深い毛根を破壊することができないので、脇毛がそのまま生えてくるからです。

よって、脱毛によってワキガを改善するならば、サロンやクリニックを利用するのがポイントとなります。

脱毛サロンで受けれる光脱毛

サロンで受けれる光脱毛は、光を肌に照射して光がメラニンに反応する仕組みとなります。

そのため、光が毛根の黒い部分に反応するので、反応した部分の毛根が死滅していきます。

毛根が死滅することで、脇毛が生えにくくなるのでアポクリン腺から出る汗を少なくすることも可能となります。

アポクリン腺は、脇毛と一体化している影響により脇毛が生えにくくなると、アポクリン腺は刺激を受けにくくなるためです。

アンダーヘアの脱毛はゆっくり丁寧に!

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛をする時に気を付けておきたいことは、まず急いでアンダーヘアの脱毛はしない、ということです。アンダーヘアでもVラインもあればIライン、そしてOラインと分けられるのですが、特にこのIライン周辺を急いで脱毛してしまうと怪我をしてしまう事が有るからです。

Vラインの脱毛

アンダーヘアの脱毛でも一番脱毛しやすい部分がVラインと言えるでしょう。このVラインは家庭用脱毛器でも女性用のカミソリでも脱毛テープなどでも比較的簡単に脱毛をする事が出来るでしょう。ただ、脱毛をする道具によっては脱毛後の見た目がはっきりと分かれるので、どの道具を使って脱毛するかで脱毛具合が変わってくるので、より綺麗に脱毛をしたい場合には女性用のカミソリではなく、脱毛器を使うと良いでしょう。そうすればこの部分のムダ毛は脱毛後見えにくくなるでしょう。

Iラインの脱毛

Iラインに関しては肌がこの部分はとにかく敏感で弱いために脱毛器や脱毛テープ等は使えないでしょう。となると女性用のカミソリ位になってしまうのですが、女性用のカミソリを使うとしたら相当ゆっくりと脱毛をしていかないと急いで脱毛しているとあっという間に皮膚を切ってしまったりする可能性が有る部分なので落ち着いてゆっくりと脱毛するようにしましょう。

Oラインの脱毛

また、Oラインも同様なのですが、自分ではなかなか見えにくい部分なのでこの部分をもしも女性用のカミソリで脱毛する場合にはお尻を切ってしまわないようにゆっくりと落ち着いて脱毛するようにしましょう。この部分は比較的ムダ毛も濃くない部分なので脱毛テープなどで脱毛するとあっという間に脱毛出来て良いでしょう。

アンダーヘアの脱毛をする際には、このようにどの部分を脱毛するにしてもとてもデリケートな部分なので、ゆっくりと安全に脱毛することを心掛けて脱毛すると良いでしょう。

脱毛サロンの勧誘自体が今は減っていることをなんとなく話しておくと勧誘を受けづらい

脱毛サロンの勧誘

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘というのは、利用者からすればあまり好ましくない行為と思われていると思いますが、実際は数としては減ってきています。

以前と比べて、勧誘をするサロンは減ってきているとされているので、今の時代に勧誘をするサロンは少数派だと思います。

それは勧誘自体が脱毛サロンの評判にかかわりやすくなっているからです。

インターネットを通じて少しのことでも、悪評として全国に流れてしまう可能性があるので、そういうリスクを持っている行為は控えようとしているところが増えてきているということが言えます。

したがって、何も言わなくても勧誘を一切受けないで利用が可能ということはよくあると思います。

しかし、万が一勧誘をしてくるようなサロンだった場合でも、前もって今は勧誘をしてくるサロンが少ないので、利用がしやすくなったといったことを事前に世間話のような感じで話しておくと、勧誘をする気だったとしても、しづらくなると感じるのではないでしょうか?

最近は勧誘をしてくるサロンは少ない

今の時代は勧誘をしてくるサロンは少ないということを印象付けることで、自分たちが勧誘をしようとしたら、それはかなり目立つ行為になってしまうわけです。

多くが勧誘している中ならばしやすいかもしれませんが、そうじゃない状況では勧誘がしづらくなるはずですから、そういったことを言っておくと、勧誘を断るまでもなく、そもそも勧誘を受けないという可能性も期待できると思います。

産後の脱毛施設での脱毛による注意点について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
脱毛施設となるサロンやクリニックでは、ホルモンバランスの変化により産後の女性客の利用を断ることが多いです。

なぜなら、妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンが増しますが、産後は胎児の体に女性ホルモンが行き渡って減るからです。

そして、産後は母乳生産のためのホルモンとなるプロラクチンが増えるので、妊娠中と産後においてホルモンバランスが乱れる形となります。

さらに、産後は女性ホルモンの数が少なくなるので、必然的に男性ホルモンの方が割合が多くなります。

その影響により、産後は肌のトラブルが起こりやすくなる上に、肌が痛みや痒みを伴いやすくなります。

ちなみに、プロラクチンは男性ホルモンのように毛が濃くなるので、産後から日が浅いと脱毛施設に通っても効果が薄いです。

なので、産後に脱毛施設に通って脱毛を受ける場合は、ホルモンバランスが落ち着く時期となる産後から半年まで待つのが確実となります。

庭用脱毛器を使用して自宅で脱毛する場合

他にも、産後に脱毛施設に通う時間がなくても、家庭用脱毛器があれば自宅で脱毛を施すことが可能となります。

けれども、家庭用脱毛器もホルモンバランスの影響を受けるので、ホルモンバランスが落ち着くまで使用しても脱毛効果が薄いです。

それでも、家庭用脱毛器は脱毛施設と違って赤ちゃんの面倒を見る時間と両立しやすいです。

なぜなら、家庭用脱毛器は脱毛施設のように施設に直接通う必要がないからです。

とはいえ、産後の脱毛施設での脱毛において注意点として、産後から半年経たないと脱毛効果を得にくいだけでなく、肌が照射されることで火傷になりやすいです。

脱毛クリームによる肌への刺激で埋没毛になる

埋没毛にまつわる話

埋没毛に悩む女性
薬店に行きますと、脱毛用のクリームが販売されている事はあります。いわゆる体毛を溶解してくれる製品です。それは埋没毛と大きな関係はあるのです。

確かにクリームは、体毛を溶かしてくれる力はあります。しっかりと溶かしてくれるので、除毛で大きな手間を感じている方々は、クリームを使っている事も多いです。

クリーム脱毛のデメリット

クリームは肌に対する負担のデメリットがあります。確かにそれは体毛を溶かしてくれる力は強いのですが、その反面で皮膚に対してダメージを引き起こすからです。体毛にダメージを与えるという事は、皮膚にもそれなりの損傷を引き起こしてしまいます。

それで皮膚に対してダメージが生じますと、肌のターンオーバーという力が働くのです。肌が元通りになる性質なのですが、皮膚の厚みが増す事になります。

ところで体毛がきちんと頭を出す事ができるか否かは、肌の厚みに左右される傾向はあります。やはり皮膚が厚くなっていると、どうしても体毛は頭を出しづらくなってしまいます。それで埋もれてしまう事は、よくあるのです。

このような流れがありますから、やはり埋没毛の状態が心配な時には、脱毛クリームなどは使用しない方が良いでしょう。もっと肌に対してダメージが小さい処理方法にしてあげる方が、埋没毛も防げる傾向はあります。