2018年 9月 の投稿一覧

ワキ脱毛に興味がある

ワキ脱毛に興味があるけど、どのサロンを選べばいいの?

夏に入ると、露出の多い服をどうしても着ることになります。

そんな際、気をつけなければならないのがワキに生えているムダ毛……。

特にノースリーブを着る場合は要注意です。
うまく処理していないと、他人にはっきり見られた時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

とはいっても処理というのはかなり面倒。おまけに自己処理というのは肌トラブルに繋がりがちです。黒ずみ、埋もれ毛などがあると、かえってワキの見栄えも悪くなることに。

あまりに大変なので、

「自己処理なんてやめてサロンで脱毛したい!」

と考えてしまう女性も多いでしょう。でも脱毛初心者にとって、サロンへ通うというのはハードルが高いものです。

「何回くらい通わないといけないの?」
「完了するまで施術する回数は?」
「痛みがあるとしたら、どれくらいひどい?」
「最終的に料金はどれくらい必要なの?」

これらの疑問がネックとなり、結局はサロンへ行かずにムダ毛に悩み続ける、という女性も少なくありません。

そこで、ワキ脱毛の料金、その効果、そしてサロンの選び方などについて詳しく紹介し、そんな女性のお悩みを解決してみることにしました。

このページの情報が、ワキ毛の自己処理で悩んでいる人の助けになれば幸いです。

そもそも「脱毛」とはどういうもの?

ワキ脱毛の情報を紹介する前に、まず、「そもそも脱毛とはどういうものか?」ということを述べておきます。

誤解している人が多いのですが、サロンや医療クリニックでの脱毛の施術は、毛を抜くという単純なものではありません。

考えてみれば分かるように、単に毛を抜くだけなら、万単位の料金を払ってわざわざサロンに通う必要などないのです。

では、プロによる脱毛というのは、どういうものなのでしょうか?

実はサロンや医療クリニックでの脱毛において施術の目標となるのは、ムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、皮膚の奥に隠れている毛根部分。

サロンやクリニックでは現在、IPLやレーザーといった特殊な光をムダ毛の生えた肌に照射することで、その奥にある毛根にアプローチする方法をとっています。

このIPLやレーザー光は、メラニン色素にだけ反応する特質を備えています。毛根部分に達すると熱エネルギーへと変化し、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を促す組織に大きなダメージを与えます。このことで発毛機能が損なわれ、ムダ毛が生えなくなるわけです。

この方法の発見は脱毛の歴史に革命を起こしました。おかげで脱毛は身近なものとなり、施術を受ける人が急増。今ではVIOなどの特殊な部位を脱毛する人も多くなっています。

部位の中でもワキは最もポピュラーなところ。ほとんどの脱毛初心者が最初に施術してもらうのはワキだと言われています。
やはり、夏場に露出の機会が増えますし、「処理をするならまずワキから」と決めている女性が多いのでしょう。

また、ワキは汗腺が集まっている部位でもあります。汗で濡れてしまうことが多いために汚れが蓄積しやすく、黒ずみ、ブツブツはもちろん、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)といった厄介な病気、症状も起こりやすくなっています。

肌のコンディションを保つためにも、できるだけワキ毛の自己処理は止め、早く脱毛の施術を受けるべきです。

気になる施術回数・料金・痛みについて

以上でワキ脱毛のメリットがお分かりになったでしょうか?

「すぐにサロンと契約して施術を受けたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ実際にサロンに通うとなると、以下の3つの点が心配だと思います——

・施術は完了するまで何回受ける必要があるのか?
・料金は一体いくらかかる?
・施術時に痛みを感じるのか? 感じるとしたらどれくらい?

ではこれらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

まず、施術回数について。

実は脱毛というのは根気のいる作業で、完了までに意外なほど日数がかかります。

特にワキは太い毛が密集して生えているために厄介な部位。おまけに毛根が他の部位に比べて深いため、顔や脚よりも施術回数が増えてしまいます。

個人の体質による差はあるのですが、平均すれば、完了まで12回から18回、というところでしょう。

続いて料金です。

これはサロンによってかなり差があるようです。
ただ、ワキ脱毛に関しては初心者向けのプランが多く、全体的にリーズナブルなのが特徴。

その中でもオススメしたいサロンがあって、それはミュゼというチェーン店。

というのも、最も人気を博している「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」なら、わずか100円で施術が可能だからです。

他のサロンでは、これだけ安い料金で脱毛してくれるところはありません。なるべく安上がりに脱毛してみたい人にはピッタリといえるサロンです。

最後に、施術中痛みがあるのかどうか。

上でも説明したのですが、サロンではIPLという特別な光で施術を行います。

このIPLは肌に当てると毛根部位に含有されるメラニン色素に反応。熱エネルギーとなって毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えるのですが、その熱の影響で周辺の皮膚も軽い火傷状態となり、どうしても痛みを感じることになります。

もちろん、軽いものなので耐えられないわけではないのですが、光が照射されるたびに不快な気持ちがするのは確かです。

そこで、そのIPL方式の欠点を解決するため、近年になってSSCという方式が開発されました。

これまでIPLではキセノンランプを使っていたのですが、SSC方式ではクリプトンライトというものを用います。
キセノンランプが単独で脱毛効果があるのに対し、クリプトンライトはそれだけでは毛根に影響を与えません。

ではどうやって脱毛効果をあげるのかというと、ムダ毛に専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを当てることで毛根部分が弱体化し、発毛を止めることができるのです。

この方式の最大のメリットは、光のパワーは弱くても問題ない、というところ。ジェルと組み合わせることで脱毛するので、ライトを強烈にする必要はありません。これで肌が火傷することもなく、痛みがずっと軽くなります。

実は、上述したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を採用しています。

「痛みがひどいと聞いているので脱毛なんてやりたくない」という女性もいるそうですが、ミュゼなら痛みなしで施術してもらえます。

ワキ脱毛で失敗しないために

「”料金が格安”、”痛みが少ない”という点でミュゼがオススメ」と書きましたが、近所にその店舗がない、という人もいるでしょう。そんな場合、他のサロンを探す必要があります。

ただ、現在はちょっとした脱毛ブーム。毎月のように新規サロンが参入しています。店が乱立気味のため、初心者はどこがいいのか分かりづらいでしょう。

また、各サロンのプランについても条件が入り組んでいて、どれを選べばお得なのか判断がつきにくくなっています。

そこでサロンと契約する時、注意を払うべきポイントを3つあげてみます。

施術可能回数があまりに少ないプランはダメ

まだまだ脱毛について知識が乏しい人が多く、たとえば1、2回だけの施術でもその部位の毛はずっと生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんこれは正しくありません。
施術を1、2度受けた程度では、ムダ毛をキレイに処理することなど不可能です。
施術して10日から1ヶ月くらいでその部位は確かに毛が抜けてツルツルになりますが、しばらくすると毛が復活してしまいます。

ムダ毛が完全に生えないようにするには、IPLやレーザーといった光を数ヶ月から数年、定期的に照射していく必要があります。

しかも太い毛が密集しているワキのような部位では、施術の回数が12回〜18回に及ぶのが普通です。

ですから、施術回数が10回以下のプランをうっかり選んでしまうと、結局完璧な脱毛ができず、追加施術をおこなう羽目になります。

そうなると出費も馬鹿になりませんので、回数の少ないプランはできるだけ避け、何度でも施術可能なコースを選ぶようにして下さい。

契約前に返金制度や施術期限をチェックする

サロンと契約を結ぶと、最低でも3年、施術のために通い続けることになります。

しかし通っているうちに、店の接客態度や脱毛効果に関して不満を覚えてくる場合もあります。そうなると施術を打ち切りたくなるでしょう。

もちろん中途解約を申し出ると、サロンの方では渋い顔をします。まだまだ施術回数は残っているのに、返金はほんの少し、というところが多いようです。

不快な気持ちにならないためにも、「中途解約するかも……」という人は、契約の詳細を確認しておきましょう。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設けているところがあります。
そのことを知らないと「全額払ったのに日数が経ったせいで施術ができない」という泣くに泣けない羽目に陥りますので、契約前にしっかり調べておかないといけません。

以上の2点については、契約時にスタッフに確認するのが肝心です。

施術後のケアをしっかりやってくれるか?

ワキは他人が視線を向けることの多い部位。ムダ毛処理だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルも治しておきたいものです。

そのために不可欠なのは、しっかりと肌の潤いを保つこと。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスに努めているところもあります。

こうした店なら美肌ケアも期待できるので、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックの違いってどんなところ?

ワキは、脱毛サロンと医療クリニックの両方で脱毛が可能です。その施術にはどんな差があるのでしょう?

実は脱毛の原理に関しては変わりません。施術では、黒いメラニン色素に反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に照射します。
そして、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を促す組織に損傷を与えるのです。

ではどこで違いが出てくるのかと言うと、その照射パワー。

レーザー光の威力は、サロンのIPLの何倍にも及ぶ凄まじいものです。
毛根組織は高熱によって完全に破壊されるため、いわゆる「永久脱毛」も可能となります。

また、IPLでは脱毛完了まで10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛では数回で終わってしまいます。

もし「短期間で施術を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛を選びましょう。

ワキ脱毛が安い理由

ワキ脱毛は他の部位より料金がリーズナブル。
ワキを最初の脱毛部位にする女性が多いのは、そのせいもあります。

では、ワキ脱毛はなぜ安いのでしょう?

まず考えられるのは「ワキの面積が元々狭い」ということ。

実は、サロンの料金というのは面積に応じて決められることが多いのです。
つまり、その点でワキは安価な部位というわけです。

次に考えられるのは、店側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を行うことが多いため、「その料金を抑えることで、脱毛へのハードルがさらに低くなる」とサロンが考えているのです。

ワキは料金が手軽な上に、店の脱毛技術もすぐ分かる部位。
その点でも、最初の施術部位はワキにしておく方がいいでしょう。

脱毛完了後、効果に不満な場合は?

長期の施術を続け、ワキ脱毛が完了。でも、その効果に不満が——。

そんな時、同じサロンで施術を追加できますが、その費用は決して安くありません。

それがイヤなら他店に乗り換えるのもいいでしょう。
ただ、カウンセリングを繰り返す必要があるので、時間がずいぶんムダになります。

以上のような事態を避けるためには、施術期間と回数に余裕を設けておくこと。
なるべくなら施術回数が無制限のサロンを選ぶべきです。

「脱毛するとワキ汗が増える」という噂は本当?

最後に脱毛完了後の”ある噂”について、紹介しておきましょう。

実はネットで「ワキ脱毛」を検索すると「脱毛のせいで、ワキ汗の量が増えた」という口コミが投稿されています。

これは本当なのでしょうか?

最初に答えを言いましょう。こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗が増えた」と思っている人は実際いるようです。

真相を調べてみると——

「これまでワキ毛で止められていた汗が脱毛後に肌を流れるようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり肌の感覚の問題で、脱毛で汗の量が増えるわけではありません。

時間が経つとその感覚にも慣れてしまい、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛に関する情報やサロンの選び方について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらを参考にしながら、自分のお気に入りのサロンを見つけて下さい。

ムダ毛が処理されることで他人の目も気にならなくなり、肌の状態もきっとよくなっていくはずです。

脱毛したその後

花を持って街を歩いている

全身脱毛してもまたムダ毛が生えてくるの?

最近、街を歩いていると脱毛サロンを見かけることが多くなり、それだけ利用者が急増していることをうかがわせます。

中には全身脱毛に特化したサロンまであり、何年もかけて通いつめ、全身のムダ毛をキレイにしてもらう女性も少なくありません。

ただ問題は脱毛が完了した後です。ネットでレビューをチェックすると、「結構な費用をかけて全身脱毛したのに、再びムダ毛が生えてきた」という口コミを時々見かけます。

そんなことはありうるのでしょうか?

先に結論をいうと「イエス」。ありえます。

現在サロンで使われている脱毛機というのは、IPLを使うものが主流になっています。IPLとは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)を略したもの。幅広い波長を備えた、カメラのフラッシュのような光です。

毛がこれから成長してくるというタイミングでその光を照射すると、およそ1週間から2週間でその毛は抜け落ちます。そして、ほぼムダ毛のない状態が1ヶ月から2ヶ月続き、次の毛が生えてきたところでまた光を照射します。

これを繰り返すことによって、毛が徐々に薄くなり、本数も減っていくのです。

ところがIPLを使っても毛根は死滅していません。
ですから、数年が経つと再生し、また毛が生えてくることになるのです。

では永久に脱毛するにはどうすればいいのかというと、現在のところ、医療クリニックで施術してもらうしか方法はありません。レーザーによる脱毛なら毛根を死滅させられるので、毛が生えてくる可能性は低くなります。

ただそれでも再び毛が生えることはありえます。
永久脱毛といっても完璧とはいえないことをあらかじめ理解しておきましょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の相場

ちょっとしたブーム

脱毛にはいくらぐらいかかるの?

脱毛は今ちょっとしたブーム。
全国展開のチェーン店も増え、高校生まで気楽に通っているようです。

ただ「脱毛サロンに行ってみたいけど、費用がどれくらいかかるか不安……」という女性もいるでしょう。

そんな人のために、有名サロンの料金がどれくらいなのか、2つの部位別にまとめてみました。

まずは定番ともいえるワキ脱毛の料金(12回)——

・ミュゼ……100円

・ジェイエステ……300円

・エピレ……15,080円

・脱毛ラボ……25,660円

・銀座カラー……40,608円

以上で分かる通り、ワキ脱毛に関してはミュゼが他のサロンを圧倒しています。たった100円で他の部位も体験脱毛でき、両ワキにいたっては回数無制限で施術してもらえるのですから、信じられないサービスぶりです。

続いて現在流行っているVIO脱毛(12回)は——

・ミュゼ……116,640円

・ジェイエステ……46,656円

・エピレ……112,752円

・プリート……110,160円

・ディオーネ……103,680円

・脱毛ラボ……154,740円

ディオーネが最安値となっていますが、これはあくまでVIOの一部を残す脱毛。もし完全にツルツルにしたいのなら、プリートがおすすめです。ここはVIO専門のサロンですし、施術に関しても痛みのほとんどない脱毛機を採用しています。

いかがでしょうか? もちろん他の部位についてもサロンによって値段が違いますし、キャンペーンによって大幅なディスカウントがされる場合も多くなっています。

公式サイトをチェックしながら、リーズナブルに脱毛してもらいましょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

背中の脱毛 

脱毛してもらおうという女性

背中脱毛で気をつけたいポイント

夏場になると背中を見せる機会が増えるため、その前にサロンで脱毛してもらおうという女性も多くなります。

ただ背中は他の部位に比べて違う特徴があるため、行くお店やプランについては色々と注意が必要です。

まず、プランについてですが——

・回数無制限で何度でも施術してもらえるプラン
・うなじなどもセットにして脱毛ができるプラン

以上の2つのものがおすすめです。

実は背中は産毛が多く、脇やVIOと比べると脱毛が難しい部位です。

サロンで使われるIPL脱毛機はメラニン色素に反応して脱毛処理をするため、黒味の薄い産毛にはなかなか効果が上がりません。

何度も施術をおこなう必要があるため、少々費用はかかっても回数無制限のプランにしておいた方が結果的には得になることが多いのです。

また、背中脱毛が完了した後「うなじとの境目が目立ってきた」という人も多いため、うなじもセットで施術してもらえるプランを選んでおく方がいいでしょう。

次に大事なのは「通いやすさ」。

上記のように背中脱毛には時間がかかります。そのためにも以下のようなポイントが重要になります——

・通える店舗の数が多い
・施術時に次回の予約を入れることができる

人気のサロンほど、週末や平日のアフターファイブは予約が取りにくいので、施術時に予約を取るのがおすすめ。それに店舗の多いサロンの方が融通がきくので、全国展開のチェーン店を選ぶ方がいいでしょう。

また、施術前は長いムダ毛を自己処理しなければなりません。

足やワキならともかく、背中は自分でシェービングするのが難しく、剃り残しがあってもなかなか気づくにくい部位です。

なるべく無料のシェービングサービスがあるお店を選んだ方が、手間がかからず楽です。

以上の点を考えながら、プランや店を選んで下さい。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の施術後は入浴しないこと

施術を受けた後

脱毛の施術後は入浴しないこと

サロンや医療クリニックで脱毛の施術を受けた後、エステティシャンや医師から「今日はできるだけ入浴は避けてください」と必ずいわれます。

「別に大きな手術を受けたわけでもないのに、なぜ風呂に入ることを禁じられるんだろう」と、その注意を大げさに感じる人もいるでしょう。

確かに施術そのものは大掛かりなものではなく、脱毛機器から照射される光もそれほどパワーがあるようには思えません。そのため、その影響を軽くみなしてしまいがちです。

しかし、脱毛エステで用いられているIPL、あるいは医療クリニックで使われるレーザーは見た目では想像のつかないパワーを秘めています。一瞬の照射でも、十分毛根にダメージを与えられるエネルギーが備わっているのです。

IPLにしろレーザーにしろ、脱毛効果を上げる原理は同じです。どちらもメラニン色素に反応する特殊な光。毛根に達すると熱エネルギーに変わります。そのことで組織を死滅あるいは弱体化させ、毛が生えてこないようにします。

毛根にダメージを与えるだけならいいのですが、この時に毛根が高い熱を発するため、周りにある肌の細胞にもどうしてもその熱が伝わってしまいます。

もちろん施術中、あるいはその後も冷却ジェルなどで肌の温度を下げるため、それほどの重篤な影響は及ぼしませんが、日焼けと同様、軽いやけどの症状になっていることは確か——。

そのような症状をさらに悪くしないためにも、飲酒、入浴、激しい運動といった、血液の循環が良くなる行為は避けて下さい、といわれるのです。

症状が進むと、赤み・かゆみが起こったり、ひどい場合は炎症へと移行したりします。

アドバイスをしっかり守り、無用な肌トラブルを起こさないようにしましょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛年齢

脱毛をする女性

脱毛サロンは何歳から施術可能なの?

最近は脱毛をする女性が急激に増え、脱毛サロンも全国展開のチェーン店がいくつも見られるようになりました。
特に関東・関西の大都市圏では繁華街に何軒もの脱毛サロンが進出し、顧客を獲得しようとしのぎを削っています。

このような「脱毛ブーム」は裾野の広がりを見せ、未成年でもサロンに通うことが当たり前のことになりつつあります。

では、店の方では一体何歳から施術を受け付けているのでしょうか?

公式サイトを訪れてチェックしてみたところ、以下のような結果となりました——

・銀座カラー……16歳以上

「生理が2回以上来ていること」が条件。親の同意書も必要。

・キレイモ……制限なし

親の同意書が必要。

・シースリー……10歳以上

親の同意書及び同行が必要。

・脱毛ラボ……12歳以上

親の同意書が必要。

・ミュゼ……高校生以上

「生理が来ていること」が条件。

以上見てきたところでは、親の同意書(及び同行)があればローティーンでも施術が可能なところと、高校生以上でないと施術できない、という2つに分かれるようです。

「生理が来ていること」を条件にあげているサロンもありますが、これはムダ毛処理の効果がホルモンの影響を受けやすいため、「ホルモンバランスが安定してから施術すべきだ」という考えなのでしょう。

ちなみに、脱毛はサロンだけでなく、医療クリニックでもおこなっています。調べてみると、基本的にクリニックの場合、親の同意書があれば何歳であっても施術可能。

ただ、まだ成長過程にあるローティンが本格的な脱毛を受けても効果は上がりにくく、医師の方でも「やめてはどうか」とアドバイスすることが多いようです。

やはり美容目的で脱毛をするなら、18歳を越えてからの方が無難でしょう。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛乗り換え

キャンペーン

脱毛サロンやクリニックの「乗り換え割」とは?

脱毛サロンやクリニックの広告でよく見かける「乗り換え割」というキャンペーンを知っていますか?

これは、施術をしてもらうサロンやクリニックを別の店や医院へ変えた場合、変えた先で脱毛料金をディスカウントしてもらえるサービスです。

このキャンペーンはいくつかの店で実施していますが、どうせ乗り換えるなら、特にお得なところにしたいですよね。

そこで色々な店のサイトをチェック。これは割引率が高い、と思ったものを2つ紹介してみることにしました。

まずおすすめしたいのが、恋肌。適用条件と割引額は以下の通りです——

条件……現在通っているサロンの契約書、あるいは会員証を提示
対象となるコース……全身脱毛のスピードパックプラン
割引額……最大で5万円(契約回数が増えるほど割引額もアップ)

恋肌は、元々料金がリーズナブルなことで知られたサロンなのですが、この乗り換え割を利用すれば、さらに費用がお安くなります。

続いてのおすすめはストラッシュ。

ここの乗り換え割は「リベンジ脱毛割引」という名前がついています。適用条件と割引額ですが——

条件……自己申告で利用できる。現在通っているサロンの書類は必要なし。
対象となるコース……全身脱毛コースの回数パックプラン
割引額……最大で30%オフ(契約回数が増えるほど割引率も大きくなる)

全身脱毛(顔を含む)の回数無制限コースを選んだ場合、この「リベンジ脱毛割引」を適用すれば、主要サロンの中でストラッシュが最もリーズナブルになります。

もし全身脱毛をやりたいなら、ストラッシュを選ぶといいでしょう。

以上2つのほかにも、乗り換え割を行っているサロンはたくさんあります。
公式サイトをチェックし、自分に合った店を選んでみて下さい。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の掛け持ち

2つ以上の脱毛サロンへ同時に通う人

脱毛サロンの掛け持ちとは?

脱毛サロンもチェーン展開するところが増え、特に首都圏などは駅ごとに店舗があるという地域も珍しくありません。

そんな中、「サロンの掛け持ち」、つまり2つ以上の脱毛サロンへ同時に通う人も増えてきています。

そんな人たちに聞いてみると、掛け持ちには以下のようなメリットがあるそうです——

1)各サロンの格安プランを組み合わせると、通常のコースより安価で脱毛が可能
2)いくつかの部位の施術を同時に進行できるので、短い期間で完了させられる
3)色々な店舗の特徴が分かり、各サロンに得意分野を任せられる

特に気になったのは1番の「通常のコースより安価で脱毛が可能」という点です。こんなことが本当に可能なのでしょうか?

そこで有名脱毛サロンの銀座カラーとミュゼ、その2つを組み合わせた場合をチェックしてみることにしました。

まず、銀座カラーで選んだのは「全身ハーフ脱毛コース」。これは両ワキ、へそ周り、Vラインなどのコンパクトな箇所と、背中、胸、お腹などの広い面積の箇所をそれぞれ4つ選んで脱毛できるというもの。金額は158,790円です。

そしてミュゼの方で選んだのは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。その名の通り、両ワキとVラインを脱毛してもらえます。こちらの価格は何と驚きの100円。

この2つを掛け持ちすれば、合計10箇所を何回脱毛しても158,890円しかかかりません。

もし単一のサロンに通う場合、10ヶ所脱毛コースなら、12回で約30万円、18回で約40万円もかかってしまいますから、比較にならないほどリーズナブルです。

これは1種の裏技ともいえますが、お得に脱毛できるので1度試してみることをおすすめします。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛は家でもできる?

女性の大敵のひとつ

フィリップスの光美容器「ルメア プレシジョンプラス」について

女性の大敵のひとつ・ムダ毛。長年に渡る戦いにホトホト疲れ果て、「サロンに行くのがいいんだろうなあ」と思ってしまうのですが、何しろお値段も安くない上、通い続けるのも面倒……。

ところが最近では、エステでの脱毛処理・フラッシュ脱毛が家でも可能な「光美容器」も充実してきているようです。

その中でも人気商品なのがフィリップスの「ルメア プレシジョンプラス」。amazonで51,980円で売っていたので、さっそく試してみることにしました。

美容器のスイッチを入れる前に、まずカミソリで脱毛処理をする部位の毛を剃ります。なんだか二度手間のようですが、あくまでこのルメアは毛根に作用して脱毛効果を得る仕組み。表面に毛があるとそこにも反応して軽いやけど状態になってしまうので、それを防ぐためです。

準備が終わったところでスイッチオン。起動したら、5段階あるレベルを、肌の色と毛の色に合わせて調整します。

いよいよ照射——。肌に直角にあて、READYランプが緑色に点灯したら、ボタンを押します。パチッという音はしますが、痛みはありません。ワキだけなら10分足らずですみます。簡単ですね。

ちなみに脱毛効果を上げるには、毛周期という毛のサイクルに合わせて繰り返す必要があるので、2週間後に再び光を照射しました。

その効果ですが、思った以上です。
2回目にルメアを使った後は、ワキ毛が1ヶ月生えてきませんでした。
これでムダ毛処理の手間が大幅に省けます。

「手軽に家でサロン並みの機器が使いたい」というのは多くの女性の願い。このルメアなら、その願いを叶えてくれそうです。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の回数

勘違いしている人

なぜ脱毛には時間がかかるの?

エステや医療クリニックの脱毛もかなり一般的になりましたが、まだまだその詳細は知られていません。

例えば、1回レーザーや光をあてるだけで、その部位のムダ毛はもう生えてこないと勘違いしている人も多いようです。

実は1回施術を受けただけでは脱毛処理はできず、しばらくすると新しい毛が生えてきてしまいます。

つまり1回だけでは毛抜きで毛を抜いたのと変わりません。毛根自体が死滅して毛が生えてこなくなるためには、一定の期間をあけて何度かレーザーや光を当てなければならないのです。

では、なぜ何回もそうやって施術する必要があるのでしょう?

そのためには、発毛サイクルと脱毛の関係を知る必要があります。

毛は「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルで古いものから新しいものへ変化していきます。
このサイクルを「毛周期」と呼びます。

毛周期が一巡りする時間というのは、部位や個人差によるのですが、普通は2ヶ月〜5ヶ月ほどです。

上記の3つの時期について説明すると、「成長期」はその名の通り、毛が生育し、皮膚の外側に伸びてくる時期。

「退行期」は成長が止まって毛が毛乳頭から離れかけている時期。

そして「休止期」は、毛が毛乳頭から離れてしまって抜けるのを待っている時期です。

施術の効果があるのは3つのうち成長期なのですが、すべての毛が同じサイクルで生え変わるわけではないので、広範囲に光やレーザーを当てても、しばらくするとまた生えてきてしまいます。

さらに完全な脱毛を行うためには退行期、休止期を待って、再び成長期にある毛に照射する必要があるので、どうしても時間がかかってしまうわけです。

水戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ